2014/06/29

石膏ボードにアンカーで固定してあったタオルハンガーが抜け落ちたので修理

洗面所のタオルハンガーが抜け落ちました
少しずつぐらいついてきて、ある日すっぽり取れてしまいました

壁には直径1cmぐらいの穴が二つあいてます




ハンガーを見ると、スピーカーの固定でも使用したアンカーで固定していたようです
石膏ボードだけにぐらつきだすと壊れるまでが早いですね
これからはぐらついていたらもう壊れてると思うことにします


ところで、そもそもこれって妥当な固定方法なんでしょうか?
2年で外れ落ちてるので、少なくとも自分の使い方では妥当とは思えません
施工不良とは言いませんが、もう少し丁寧な仕事をして欲しいもんです



とにかく何とかしないといけないのでいろいろ調べてパテを買いました

このパテで穴を埋めて再固定しようという狙いです
パテは穴の大きさ6mmまでとありますが、まぁ1cmの穴なら何とかなるだろうと思ってました
ところでこのパテ、内容量の割に結構いいお値段だったんですが・・・・





破損個所をよく見てみると、穴が二つ開いてたように見えたのですが、実際にはこんな感じに壊れていました
こりゃパテは到底無理、ということで急遽別の方法を考えることにしました


まずはカッターで壊れたところを整えてみます
穴の大きさはだいたい幅1.5cm、高さ4cmといったところでしょうか


家にあったベニヤ板を使ってこんなものを作りました
ベニヤ板に穴のサイズに合わせた木片を取り付けます
木片はこれだけ小さいとネジを打ち込む時に間違いなく割れるのでドリルで大き目の下穴をあけておきます



で、これをどうするかと言いますと、実は、壊れたところの左下に照明スイッチがありましたので、ここから入れてやろうという訳です


照明スイッチのカバーを外します
爪をかけて引っ張るだけで簡単に外れます


中はこんな感じ
黒いボックスはネジ1本で木枠に止まっているだけです
間違ってBOXが壁の中に落ちてしまわないよう、紐を結んでから外しました
電源ケーブルが出てるので落ちることは無いはずなのですが、念のためです




作ったヤツに針金を巻き付けてコンセントボックスから通して・・・


壊れたところに引っ張り出す!

距離が近いこともあって苦労せずに引っ張り出せました
適当な作業の割にサイズも丁度でこれはラッキー
隙間をパテで埋めようと思ってたのですが、どうやらその必要はなさそうです


あとは金具を元通り取り付けます
ネジは結構長いのでベニヤ板まで届いています
この黒い金具とベニヤ板で挟み込んで固定するわけです

ハンガーをつけて完成です!

ぐらつきもないので、これでしばらくもってくれると思います
本当は木にネジを止めるようにしなければいけないのでしょうが・・・近くに使える横木は通っていませんでした

思い付きでやってみた割にはいい感じに直りました
次に壊れたら裏に横木を渡すなり、大工事になる予感がします
そうならないことを祈ってます


今回出番のなかったパテ。いつか使う日も来るでしょう

1 件のコメント:

  1. 家庭内diy凄いですね。
    私もスピーカー取り付けのブログみて、スピーカー取り付けました。
    とっても分かりやすいブログですね。
    今後も見てますので頑張って下さい

    返信削除